FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

少しずつ深まる秋に
焼酎が飲みたくなった金曜の夜
スポンサーサイト

短歌

一時間ほど歩いたら疲れたし
明るい気分にならずに帰宅

短歌

やる理由 やらない理由 
色々と あるにはあるが
あるにはあるが

短歌

約二年 前とは違い
おとなしく 採血される
六歳男児

短歌

営業の方法もまたどのように
工夫するかで成果に大差

短歌

珍しい遊具が並ぶ公園に
慣れて 笑顔を浮かべる男児

短歌

前日の夜更かしを今日 反省し
早く眠る日 また繰り返す

短歌

長袖の体操服を準備して
春までの日々 楽しいものに

短歌

少年はヘビメタ風の「はっ。」が好き
パパはすっかり体力消耗

短歌

背水の陣で臨むか例の件
あの日々よりはずっと増しかな

短歌

パソコンを今日 二台共 処分して
妻と一緒に 昼はラーメン

短歌

トラックを本気で降りるつもりなら
収入減は致し方無し

短歌

曲が進み 愈々さびに差し掛かる
少年の顔 気分 高まる

短歌

昨夜した散髪の後 整えて
男児の髪に 大人のシャンプー

短歌

パソコンの処分が何と困難か
諦め掛けたところ 良い手が

短歌

新しいトイレの便座 
新しい食卓の椅子
席 改まる

短歌

舞鶴の自動車道は雲の中
歌に詠もうとしたのは過日

短歌

八十路にてスマホデビューの母のため
レクチャーをする   日々少しずつ

短歌

十月はたっぷり時間がありそうで
実はあんまり無さそうな月

短歌

不具合に対する備え 万全に
迎えた台風 あっさりと去る

短歌

何もせず のんびりとする筈だった
予定を変えて対策をする

短歌

最終日なのに初めて行く場所は
豊かな福の目出度さがあり

短歌

性格の良い別嬪がやって来て
積極的に応じてくれて

短歌

牛飯に特化している店なんや
最終週にして判明す

短歌

エンジンが始動しないと
仕事にはなりませんわな
ロスは四時間 

短歌

三連休中は仕事の段取りを
考えまいと決め 守り抜く

短歌

秋分の空 渡る風 爽やかに
機が熟すのは間もなくのよう

短歌

不覚にも我も息子も寝てしまい
妻は仕掛けた風呂を片付け

短歌

とんかつも たまに食べると おいしくて
噛み締めてみる 晩い昼食

短歌

疲労して心の動き 鈍化して
色も味気も淡い一日

短歌

一週間以上も溜めた伝票を
事務に提出 すっきりの夜

短歌

カーナビの自車を表す三角が
新名神で樽化している

短歌

尋ねたきことある家が二軒共
一ヶ所に居る 駆け付けるしか

短歌

掃除する予定をずらし仮眠する
明日全てを整えましょう

短歌

三連休 やはり初日が心地良い
特に予定は入れずに遊ぶ

短歌

少しでも早く着くのが良かろうと
高速道路を使ったのに待つ

短歌

流れ上 ひょんな所で
昼食を摂って早めに終わる吉日

短歌

復旧がまだ完全じゃないやんか
早く来たのに 無駄に晩い日

短歌

告げるべきことを昨日 告げたから
重荷が降りて今日は楽々

短歌

待たされることは無いって聞いたけど
一時間待ち どういうことかな?

短歌

少年は懐中電灯 気に入って
光の模様に笑顔を見せる

短歌

寝不足で吐き気を催すほどになり
やはり早めに切り上げるべき

短歌

辛うじて始業式だけしたけれど
長い休校 何て二学期

短歌

我が町も 電気復旧 
胸中で歓声を上げ
缶詰を食う

短歌

非日常 広がる混乱 
無理をして 捩じ込む日常
そりゃしんどいわ

短歌

大阪のエリアでこんな凄いのは
初めてのこと これが台風

短歌

長い夏の休みが明けて
少年はすぐに感覚 取り戻したよう

短歌

ひと月も 考えるまでもないようで
九月に入り 結論を出す

短歌

自転車は高性能に進化して
価格も上がる 保険も掛かる

短歌

八月は最後の最後まで暑く
愈々九月 期待している

FC2Ad