四季島

ゆきのりのうた

短歌

月曜の寝ぼけ眼の朝の街
飛び起きらせた大地の揺すり
スポンサーサイト

短歌

水泳の備品を買って
腕時計 電池交換
あと 非常食

短歌

気まぐれで
来たバスに乗り 小旅行
気分 高まり 弾む少年

短歌

幾つもの機材が補完し合うから
運転席はスペシャルシート

短歌

間違えて 行った所は
後にまた 来るべきことになる
予告編

短歌

パパの髭 痒い所を掻く道具
少年はいつ それに気付いた

短歌

鍵穴に鍵を挿し込む瞬間に
内からロック 掛ける六歳

短歌

大好きなバスが早めにやって来た
児童は走る速度を上げる

短歌

少年は
チャイルドシート卒業の検定合格 
ジュニアへ移行

短歌

行き過ぎて
十四年前 来た道で目印にした
SS通過

短歌

問題はラジオでもなく
データでもなかった 
無駄な電波が原因

短歌

二百円 時間短縮料金か
メロディーロードのサービス料か

短歌

水曜は三週連続雨降りで
湖西道路も三度とも雨

短歌

ドッジボール トランポリンに弾ませて
投げる受け取る 新たな遊び

短歌

遊具より蝶に関心あるようで
白や黄色を追い掛ける君

短歌

少年はサラダチキンが大好きで
パッケージ見ただけで「いひっ。」と

短歌

いいことを思い付いたぞ
眠らせた携帯ラジオ
揺り起こす時

短歌

三台のトラック同士で積み替えて
貰う荷物はビッグサイズで

短歌

外に出た途端に強くなる雨は
意図があるのかカラスのように

短歌

二十四年振りに渡った大橋が
時空を縮め余裕の走り

短歌

カセットに溜めた楽曲 
あの頃の輝きは失せ 
今や がらくた

短歌

少しでも職場環境 快適に
長く続けて行く意思表示

短歌

散髪の間 お利口さんにする
急に成長 遂げた小一

短歌

練習の成果を発揮する我が子
駆けっこ ダンス パラバルーンに

短歌

請わずとも無理なく自然に
休日となった明日は子の運動会

短歌

独り言のような相槌 打つ妻の
「そやね、そやね。」が胸をくすぐる

短歌

スマートな電話とそして
スマートなインターチェンジ
イモビライザー 

短歌

前職の二か月半は無駄にあらず
今の職場に縁を感ずる

短歌

予定より少し遅れはしたものの
漸く初日 さあ始まった

短歌

外出を急にやめかけ ごめんなさい
そやな 行くって言ったら行こう

短歌

気を抜いて 軽く流して見ていたら
涙腺 痛むほどの名作

短歌

歌姫と同じくらいに麗しい
楽器姫にも嵌る昨今

短歌

パソコンの部屋のエアコン準備して
七期目の夏 さあ始めるか

短歌

大好きな野菜ジュースを飲んだ後
赤い口髭 生える少年

短歌

呼吸器に効くのは生姜
伝来の民間療法
迷信じゃない

短歌

新しい季節に向けて
色々と買い替えてみる
軽やかになる

短歌

外は雨 
部屋で暴れる
六歳の天使君 
目が くりくりきらきら

短歌

何らかの超越的な働きで
最初の縁に絞られ 決まる

短歌

三回もほぼ決定が覆る
最初のものに誘導なのか

短歌

ニンニクは顕著な効果 あるようで
夕刻からは随分楽に

短歌

割り込んだ面接先で決定の
新たな仕事 準備を始め

短歌

何年も風邪と思っていたものが
花粉症ではないかと疑念

短歌

パソコンのトップ画面のスライドを
刷新した日 次の場面へ

短歌

黄金の長く短い一週間
三十ヶ所の公園制覇

短歌

父と子の公園探検隊は行く
楽しい場所を幾つも見つけ

短歌

公園を渡り歩いて
少年と 明日はボールで
遊ぶ約束

短歌

「わんわん。」と犬の鳴き真似する児童
たまに「うおー。」と遠吠えもやる

短歌

別室に運ばれて行く掛布団
追い掛けて 子は笑い飛び付く

短歌

五年間 通い続けた病院を
卒業した日 親子 晴れ晴れ

短歌

眠らせた電話を起こす時はいつ
二年以内で結論は出る

FC2Ad