四季島

ゆきのりのうた

短歌

勉強会 収穫無しという成果
時 金 労を費やした甲斐
スポンサーサイト

短歌

ピカソより 変わった苗字が目に止まる
昼はららぽで食事 買い物

短歌

二回目の次郎丸の日 
品物がもう着いたのか
入金は昨日

短歌

路肩にも落ち葉が増えてもう初冬
来週は冬本番の予報

短歌

七五三 お宮参りは見送って
明日 爺ちゃんの祝賀に参ろう

短歌

子供用トランポリンを買う為に
ほぼ同額のポイントを充て

短歌

腐ってる組織はあれから何年も
経った今でも腐ったままで

短歌

眠ってる内に散髪されたこと
五歳は気付いているのだろうか

短歌

一連の手続きやっと完了し
秋の夜長を味わうとする

短歌

帰るなり すぐに眠った幼子と
明日は遊んであげられるかな

短歌

新しい炊飯器にて炊き上げた
もちもち御飯 夜更けに食す

短歌

ぼんやりとしている時に
大切なことに思いが至るものかね

短歌

突然の義母の来訪
妻からのメールにて知る
昼食直前

短歌

二月まで続けようとか
悠長なことは思わず
今年で終えよう

短歌

今日のパン 五個中四個 チーズ味
故に本日 チーズ特異日

短歌

五歳児はママの企画のビッグバン
サンドバッグと木玉プールと

短歌

オレンジのグラデーションが
薄まったところで光る
明けの明星

短歌

ぴょんぴょんとパパと一緒に跳ねる子の
顔はやっぱりこの世の至宝

短歌

待ち時間 少なく済んで
午後からは用事 手続き
楽に捗り

短歌

お出掛けのパパに幼児は「ぎゃあ。」と言う
翻訳すると「行ってらっしゃい。」

短歌

音楽のリズムに乗って
「ぽんぽん。」と言うのに合わせ
耳を寄せる子

短歌

手を振って
パパに向かって
「ぶい。」と言い
子はご機嫌に
ママとお出掛け

短歌

待っていた手帳が届く
手続きは意外に長く
審査も長い

短歌

簡単に終わらせる筈
何日もアクティベーション如きに停滞

短歌

ある程度 成熟をしたほうが うん
安心できる 若さは怖い

短歌

豚テキが一年ぶりに復活し
昨年よりもおいしくはなく

短歌

吟味せず結婚しても
幸せになるものはなる
駄目なのは駄目

短歌

一生を掛けても辿り着けないと
知ってもやはり歩いてゆくか

短歌

何日か前に目にした流星を
詠むのを忘れ 思い出す今日

短歌

十一年振りに新調したPC
回線もまた高性能に

FC2Ad