FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

夏はもう熱中症を恐れなきゃ
離れていればマスクは外す
スポンサーサイト



短歌

あちこちと行かずに今日は一か所で
二時間遊ぶ 知人も行き交う

短歌

日焼け止め 塗るべきなのか迷う日々
塗らないことを再度採用

短歌

閉鎖した所に新たな看板が
見れば全くおんなじ業種

短歌

正常化していく社会 日常に
新春と似た明るさ 覚え

短歌

学校の前夜の準備 整えて
早起きの為 早寝に戻す

短歌

「明日 雨」の予報に土日の組み立てを
入れ替えてみる いいんじゃないの

短歌

大きめの時間の枠を取る用事
後回しにしてゆとりを生み出す

短歌

好評のものにも 俺は違うなと
振り回されない この経験値

短歌

朝 パンにすれば都合がいいけれど
明日が不都合 故にやめとく

短歌

学校も新たな日常 始まるよ
六月からね 楽しみなこと

短歌

通常はあまり行かないコピー機に
次々 人が続くよ あれか

短歌

日曜の朝はパンだということで
気を抜き過ぎの寝坊スタート

短歌

国からのマスクが届き着けてみる
定額給付の書類も開封

短歌

仕上がった靴を早速受け取りに
親子で向かう午後五時の道

短歌

只 時を奪われただけ
乗り換えを断念した日
スマフォを戻す

短歌

久々というより最早 懐かしい
約八十日振りの学校

短歌

マンモスが意外にでかく
恐竜に引けを取らない
どうでもいいけど

短歌

楽しくもない作業中 
耳からの甘い味わい
麻酔の如し

短歌

白鳥や鳩より今日は雀の日
男児は選ぶ 遊びの相手

短歌

機械から噴き出す気流に
風船を浮かべて遊ぶ
外は長雨

短歌

声質や話し方って見た目より
大事なことを思い知る夜

短歌

二か月の乳児を載せて連れ帰り
…からの八年 昨日がその日

短歌

小3の暴走でまた献立は
やり繰りが要る うどんは延期

短歌

急き立てるように用事が次々と
処理されて行く 息もつかせず

短歌

パソコンの部屋の窓用エアコンを
新しくする 九度目の夏

短歌

なんやそれ 大好物の風船を
拒絶するんか じゃあ 外 行くか

短歌

取り寄せた品が続々 到着の
賑やかな部屋 明日が楽しみ 

短歌

シムロック解除の機会 また逃し
腐れ縁かよ まだ続きそう

短歌

子に恥じぬ父でありたい
今夕は少し反省 すぐに修正