FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

気が済めば



   消え失せるのが



           愛ならば



その定義なら



       愛は有り得る

スポンサーサイト

短歌

暮れるのが早い季節の公園で



一人稽古のサッカー少年

短歌

小学校六年生が



大人びて見えた小学一年の時

短歌

初めての会話をした日



ゆかりある人であること



教えるデジャヴ

短歌

  いくらでも時間は要るが



金が無い



  そろそろ売りに出すか魂

短歌

一日中続いた雨に



濡れた街



後れ馳せながら



斜陽が照らす

短歌

歌姫の



  電影が今朝



     舞い込んで



俄かに色めく



      モニター画面

短歌

童らの



  砂遊びした



痕跡は



   一夜が明けて



遺跡に変わる

短歌

また冬の羽に戻ったカイツブリ



流行色を気にも掛けずに

短歌

マウスには



        やはり尻尾が要るようだ



生やしてからは



きびきび動く

短歌

強風に



  吹き飛ばされた



         雲間から



落ちた星屑



     イルミネーション

短歌

      いざなわれ



  宇宙の果てを越えたのか



 グラハム数に時空が消える

短歌

あの無量大数ですら極小の



不可説不可説転の世界て



短歌

水面に



 雨の波紋が



生まれては



 消える束の間 



人は短命

短歌

あれ?ミサゴ?



滅多に見ないシルエット



考え事の視界を通過

短歌

各地から



見とれているに違いない



かわたれどきの



望月の影

短歌

    自己中は



ガリレオ時代と変わらない



   三次元 地球  



   いまだ標準

短歌

室内の作業はやめて



   出掛けよう



昨日に続く快晴の空

短歌

紅葉が



 枝を離れる



     瞬間は



      そう見られない 



           昼の流星

短歌

 常緑と



     紅葉の樹々



  入り乱れ



     織り成す錦 



秋 完成す

短歌

足元に



擦り寄って来た



野良猫に



後の予定が



押し気味になる

短歌

虎くらい大きかったら怖いかも



猫の威嚇は寧ろ可愛い

短歌

桜には



  見頃の時期が



        ふたつある



春は言うまで



      今ひとつ 秋

短歌

もう少し



大きくなれば



するすると



抜けてゆけるよ



童なみんな

短歌

      水面の



    朝日の影は



     波を受け



    木立の奥の



    暗がり揺らす

短歌

最強の国の新たなリーダーは



      黒肌の人 



     期は画された

短歌

歌声が



 百三十里の



      隔たりを



越えて届いた



       再会の朝

短歌

浮き沈みしない気持ちの安定感



重ねた歳の為せる業かな

短歌

 秋空は



     いろんなものが



  飛び交って



       トビとカワウも



あわやニアミス

短歌

この冬の



    風邪の引き方



占える



   11月の



衣は厚く

FC2Ad