FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

真夜中の



      道路を渡る



野良猫が



      ちゃんと左右を



確認してた

スポンサーサイト

短歌

幸福というのは視野を広げれば



  不幸の中の幸いのこと

短歌

   味噌汁の



          味噌色部分



     無色部分



 和の食卓を



       織り成す錦

短歌

オリオンも



大三角も



見納めの



年度の末の



日没直後

短歌

外人を好む女は少数派



自信持ちなよ 日本男児

短歌

振り返る



 青空に飛び込んで来た



今年最初の



      ツバメの姿



短歌

男性は



     生命力が



           弱いから



大事にしてよ



         女性の皆さん

短歌

日本の



野球はまたも



世界一



あれから三年



もう経ったのか

短歌

かっこよく決めたり



いい事言ったのに



あれ?



見てないし



聞いていないし

短歌

  寝てるのに



    子守唄など



迷惑なものでしかない



       そっとしておく

短歌

     生で見る



 立体的な春場所の 



小さな土俵 高い喚声

短歌

身に付ける衣服の量が



また一つ少なくなって



   今日は春分

短歌

靄の朝



直視可能な太陽に



モネの印象「日の出」を想う

短歌

    短めの



  スカートを穿く



    女の子



横断歩道沿いに春風

短歌

連日の



 黄砂に染まる



空の下



 彼岸の入りに



  芽は葉に変わる

短歌

冷めてこそ



   寧ろ美味しい



たこ焼きも



 カレーライスも



  お好み焼きも

短歌

面倒な用も嬉しいお知らせも



ケータイという同じ箱から

短歌

その昔 月月火水木金金



 日祝火水木金

短歌

結果より行程こそが大事なの?



終わり良ければ全て良しなの?

短歌

高槻の



  雲の地平に



今やっと



  頭の先が



     覗く旭日

短歌

苦にもせず



  気にもしないで



 行けるのは



別に期待も



   していないから

短歌

もう味が



殆どしない



ガムのよう



君のメールを



反芻し過ぎ

短歌

見通しの良い所まで



出て来れて



何とかなると



一息つく日

短歌

憶えても使わなければ忘れると



維持に時間を取られる語学

短歌

    またみんな 



  挙って桜 歌う頃



梅とか桃も歌い上げてよ

短歌

手違いが立て続くから



    この週は



軌道に乗れた感がまだ無い

短歌

電話など



  掛けて来そうにない人の



声が届いた



     結婚すると

短歌

男性の



 張り切り甲斐は



女性らの



   感度にかなり



        依存している

短歌

 雛祭り 



各家庭では



どのような



習わしなのか 



賑やかなのか 

短歌

久々の



神戸は今も



ごちゃごちゃで



孵らずにある 



モスラの卵

短歌

   人間も



       物も盛んに



 移動して



          新陳代謝 



     進む三月

FC2Ad