四季島

ゆきのりのうた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌

水田の



緑の波を薙ぐように



飛ぶつばめの背



夏の陽を浴び

スポンサーサイト

短歌

裏年は人にもあるか



もしかして今年がそうか



いや気の所為か

短歌

そのために



生きるわけではないけれど



健康第一 



安全第一

短歌

この夏は風物詩とは縁の無い



暑いばかりの日々になりそう

短歌

梅雨なのか 夕立なのか この雨は



  やめばお構い無しに鳴く蝉

短歌

脈絡も無しに記憶が蘇る 



昔見たあの水飲み鳥の

短歌

夏はついシャワーで済ます日が続き



お湯に浸かると身体が蘇生

短歌

五年前工場だったこの場所が



店舗になった今も来る縁

短歌

誰しもが自身の為にだけ動く



己の為にしか動けない

短歌

裸眼でも見られるように



薄雲の掛かる八割欠けた太陽

短歌

日食に照らし出された島の名は



悪石ってか みんな知ってた?

短歌

神がこの世界を創る気になった



     動機は孤独 



      同情します

短歌

日食で



 権威失墜させられた



太古の女王 



 現代は誰

短歌

空調の効いた部屋でも治まらぬ



渇きを癒す冷えた牛乳

短歌

金星に向かって走る朝三時



道は東に伸びていたのか

短歌

赤とんぼみたいな赤いヘリコプター



真夏の空に溶け込めず浮く

短歌

饅頭が



狸の出した馬糞やと



取り損なって気付く 危なぁ

短歌

新型のインフルエンザの



免疫を持つ九十歳 



何があったの?

短歌

水田の稲の緑に隙は無く



高温多湿 日本の夏

短歌

何時まで



   寝ていても良い



           休日の



 蝉の初音の



        目覚まし時計

短歌

信号を待つ間にも



チューをする 後ろの車 



おいおいおいおい

短歌

気が付けば



煙草を捨てて早三年



今やにおいも拒絶するほど

短歌

プロ野球 ソフトバンクのソの文字に



一瞬ソ連を思い出す夜

短歌

七夕は



  太陰暦でしたほうが



 いいんじゃないの 



      天気も含め

短歌

予定より早く終わったひと仕事



クールダウンもやや前倒し

短歌

 宿題の計算ドリル



   付いたのは



計算力か 忍耐力か

短歌

マイケルの代表曲は



    We Are The World 



           誰が何と言おうと

短歌

困難に思えたことの三割は



気持ちが負けていただけでした

短歌

人類の発明品で



  最悪のものは核ではなくて宗教

短歌

先輩を憶えていても



後輩を憶えていない



学生時代

短歌

この先に託す期待が強いほど



カレンダー つい早めにめくる

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。