FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

  休日を無意義に過ごし



      出た答え



有意義な日とあまり差は無い

スポンサーサイト

短歌

極上の



  スウィーツはもう



          エクスタシー



普通の身体に



       戻れないかも

短歌

周辺は混んでいるのに



空いている店に入った 



めちゃ高かった

短歌

暖かい二月の楽に



三月の春到来の歓喜 薄らぐ



短歌

肉体の



内か外かは



曖昧で



自他は一如の



奇妙な世界

短歌

やめようか



   続けようかと



          迷う内



千首を越えて



       さてどうしよう

短歌

気の弱い 性には



強い筋力を与えた



神のバランス感覚

短歌

この星に



  前人未到の場所は無く



あの月にさえ



      足跡がある

短歌

      感動も



    ステロタイプの



べたべたの手垢が付いて



     鼻で嗤える

短歌

華々しい



五輪の裏に



潜む悪



見え隠れして 



警告を出す

短歌

紅白の梅は強めの陽を浴びて



  残り少ない冬を伝える

短歌

       あの時の



   あの焼酎が



美味かった



   理由は気分



      銘柄じゃない

短歌

終着の場所でがっかりだとしても



今よりは まし     進むしかない

短歌

     雨の朝 



 笑顔で挨拶してくれた



少女は地上の小さな太陽

短歌

穏やかな



  旧正月の一日を



      のんびり過ごし



           また明日から

短歌

よく弾む ガールズトーク



もしこれを男がやれば



疲労困憊

短歌

本当に死んでも君を離さない



なら怖いよね 死ねば離すよ

短歌

おにぎりは



冷や御飯とは



ちと違う



情の籠った



喰う元気玉

短歌

動かない扉は壁で



動かせる壁は扉と



 同じことかな

短歌

春やねえ ってまだ二月上旬やん



何をなさってけつかりますか



短歌

お店では



   店員とよく間違われ



知らない場所で



      よく道 訊かれ

短歌

突き破る一撃となる時がいつ



来るか知れない やり続ければ



短歌

     儚げに



           細かな雪が



舞い降りて



               宙を漂う



      言霊のよう

短歌

今年から



 一週間に金曜が 二回あるのか 



               何か早いな

短歌

火星から届く温もりくらいでは



二月のフロントガラスは融けず

短歌

以前から



自分自身の弱点を



知っていたけど



これほどとはな

短歌

ここ数年



2月2日は



何らかの



変わったことが



起こる特異日

短歌

先月を雨に終わらせ



今月を雨で始める



月跨ぎ雨

FC2Ad