FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

冷ややかな



  九月の雨に



     濡れる稲



穂先を清め 



 刈り取りを待つ



スポンサーサイト

短歌

鱗雲 魚の骨のような雲



天の宴は 今が酣

短歌

プロペラで



光を刻み飛ばしつつ



玉虫色のヘリが旋回

短歌

マッサージチェアに凭れながら見る



数学講座       うぅん よく寝た

短歌

リサイクルに出す品物に



愛着と思い出よぎる手放す間際

短歌

昼下がり 



間違い電話 掛けて来た



知人の言葉 午前とリンク

短歌

目の前を横切った蝶 レモン色



運動会に適した日和

短歌

雲の穴



      覗く太陽



            この世界



捨てたものではないと煌めく

短歌

十日間 凍結をしたことを今日



解凍したら劣化していた

短歌

人間は監視しないと悪さをし



監視役にも監視を要す

短歌

秋場所の



琴奨菊の



がぶり寄り



見本のようで 



笑ってごめん

短歌

人はまた無い物ねだり



男には度胸 女に愛嬌などと

短歌

あの人の



 我に対する挨拶に



君が返して



 途方に暮れる

短歌

立ち話している女性二人組み



四十分後 まだ続いてた

短歌

酷暑でも落ちることなき食欲は



涼しくなれば猛威を振るう

短歌

見るからに



御高くとまりたいだけの



女が多い



関わらんとこ

短歌

知っている場所を次々映し出す



犯罪 事件 報じるテレビ

短歌

雷鳴に送り出された一日は



因果は無いと思うが奇妙

短歌

90分 走り回った J リーガー



ボールに触れた時間は数秒

短歌

迷ったら積極策を採って来た



消極策も試してみるか

短歌

来週で閉鎖する店



店員も客もその後の



当てはあるのか

短歌

コンビニの塩焼きそばももう飽きた



選択肢ってそう多くない

短歌

これまでの無礼をお詫び致します



  御免よ雨天 今後も宜しく

短歌

あまりにも夏がきついと



秋もまた人を待たせる季節となりぬ

短歌

アイコンをクリックしたら消えた時 



目を逸らされた瞬間みたい

短歌

一生に摂る水の量



学校のプール一杯分にもならず

短歌

置き去りにされたまんまの腕時計



頓着の無い姪 忘れ物

短歌

神だって試行錯誤の繰り返し



完成なんて夢のまた夢

短歌

               西の日を



           東の雲が



       反射して



   地上の影は



朝の様相

短歌

先にある希望は



やがて失望に変わる時まで



         気力にはなる

FC2Ad