FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

溜まるだけ溜まった案件



やっつけて 深夜に眠る 



明日は早よ寝よ



スポンサーサイト

短歌

木曜にここに来るのは初めてか



引き継ぎだけで来たことはある

短歌

煩わしい事も装備を整えて



臨めば寧ろ快適なもの

短歌

連日の酷い渋滞



もう少し余裕を持って



出掛けるべきか

短歌

何人も



減点法に陥って暮らしていたら



幸せは無い

短歌

もしかして透視能力?



隣室の妻が我が手の



「日食グラスっ。」

短歌

声質が酷似しているママと君



いつからパパと似て来るのかな

短歌

上の歯が漸く頭を出して来た



下の歯はもうお待ちかねだよ

短歌

幼子は



ママの電車がお気に入り



笑い声上げ どこに向かうの?

短歌

出会いから二年が過ぎて



輝ける子育ての日々



今日も涙目

短歌

伸びて来た



歯でパパの指 噛む君は



痛がる様子 楽しんでいる

短歌

這い這いを頑張っている表情を



見ながらパパもするよ 這い這い

短歌

エアコンのタイマー掛けて



出たけれど



それより早く戻って無意味

短歌

昼食にパンを食べたら



差し入れにパンが来たので



今日はパンの日

短歌

はいはいの姿勢の時の表情で



パパの健康増進効果

短歌

くだらない奴は相手にしないから



かわいそうだが他を当たって

短歌

状況に応じて合わせられるほど



駒は充分 手の内にある

短歌

鴨が二羽 



嘴を付けくるくると



回る水面 



ワルツの調べ

短歌

予想では面倒そうな



片付けや修復作業 



難無く終わる

短歌

喜びの



七十七を言祝いで



飲み過ぎたかも



食べ過ぎたかも

短歌

人生は万事修行と心得よ



修行にしては楽なものかな

短歌

同棲を始めた頃の思い出の



味噌照り焼きで祝八ヶ月

短歌

山登り 



理由は「そこに山がある。」



ほんとはそこの山ガールだろ

短歌

毎日を楽しく過ごす妻が居て



「うわっ。」



かわゆい声の子が居て

短歌

子を持って初めて知った感覚は



かわいすぎると泣けて来ること

短歌

十八年 隔てたものを繋いでも



事務処理よりも意味はあるまい

短歌

二千首に到達したの



忘れてた



割と忙しかったみたいで

短歌

気が付けば自然に眠り



すっきりと目覚めた朝に



洗濯ダッシュ

短歌

T 二つ 並ぶと泣いているようで



感情の無いマシンに笑う

短歌

仕事から帰る時刻に



もう暗い



晩秋の風 誘う焼酎

FC2Ad