FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

誰も居ない寝室の戸を敲く妻



別室で首かしげる夫

スポンサーサイト

短歌

事務処理で見覚えのある



学生の名前に 顔や姿が加わる

短歌

プロペラの



生えたおたまが



浮き上がる



花曇空 



神戸空港

短歌

山登りする準備などしていたら



登れなかった山 足の下

短歌

ベビーカーデビューの桜並木道



親子三人 春を迎える

短歌

付き合いは金を費やす



お断りするべきなのに



また時の無駄

短歌

三月の



 暑いくらいの昼下がり



つばくらめ飛ぶ



  早いお着きで

短歌

乗り合いの車内は静か



ラジオでも流してやれば



会話も弾む

短歌

もう少し息子と遊んでいたいのに



休日もまた時は飛び去る

短歌

喧嘩して勝つのは容易 



願わくば



誰も届かぬ高みに居たい

短歌

初めての8.5G買って来て



記念のDVDが完成

短歌

彗星は形通りの話題性



竜頭蛇尾で



無かったかのよう

短歌

一時間早く起きれば



創作の時は作れる



潔く寝よ

短歌

生ぬるい強風に雨 混じる中



疲れの残る身体で動く

短歌

疲れたり時間が無くて苛立つ日



その落とし穴 嵌まれば不自由

短歌

アクアにも縁があるのか



ベビーカー



確認のため箱を見に行く

短歌

凡ミスの多い輩の



ややこしい手法を誤解 



おのれ曲者

短歌

根比べした結果また白人か



救済能力皆無の証

短歌

午後からの激しい雨に濡らされた



服を片付けするめを食べる

短歌

無くなると思った席は移動して



より中央に近付くことに

短歌

短めに編集すべきものなのに



子の映像はほぼノーカット

短歌

初めての共に迎える春に向け



桜の枝の新芽 膨らむ

短歌

暖かくのどかに過ごす一日が



あると去年は思いも寄らず

短歌

喧しく始まった日も



終わりには肩の荷は降り



軽やかなもの

短歌

空耳をスカイイヤーと言うなかれ



幻聴として処理しておくよ

短歌

赤白のワインを買って



来たるべき祝いの席の



準備 進める

短歌

乗り越える山が来るのは



六月と漸く決まる



一歳手前

短歌

我はもう



一回死んでいる者ぞ



何を恐れることがあるのか

短歌

ベビーカー ドーナツ 買って



子は眠る



妻は小指の爪 切り忘れ

短歌

丁度良いパパのお腹を利用して



掴まり立ちを始めた息子

短歌

室内に干して出掛けて正解や



予報通りの夕刻に雨

FC2Ad