FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

一日の予定を立てた



十分なゆとりも物が壊れて消える

スポンサーサイト

短歌

四ヶ所を廻った結果



三つ目に決定しよう



迷うこと無く

短歌

不愉快な知らせばかりが続いたら



平常心の保持は不可能

短歌

道具とか装備があれば避けられる



熱中症も財力次第

短歌

出血の夜更けの後の遅い朝



何も真夏に焦らなくとも

短歌

今一度 家計を精査してみよう



手間は多くて 成果 無くとも

短歌

店内はピアノが流れ



口内は肉が蕩ける



午後のハーモニー

短歌

パソコンの調子が悪い



七年はもう寿命かな



まだいけるやろ

短歌

哲学の授業の記憶 呼び起こす



背後の窓をよぎる鳥の影

短歌

宅配が届いたのはもう日暮れ時



おととい着いたテーブルは出す

短歌

灼熱の道を歩いて票を投げ



ひやむぎ食べてビールを飲んで

短歌

通過するついでに



寄ってみたものの



さほどでもない



あべのハルカス

短歌

安くても高くても駄目



散髪は 先ず清潔さ



次に腕前

短歌

アンパンマンを摸した菓子パン



何らかの訳があるのか



チョコレートパン

短歌

あの頃にもし戻っても



もう今の俺にとり 喜怒哀楽はない

短歌

タクシーに乗る回数が多いのは



二年連続 七月になる

短歌

髪を切りすっきりとした夏仕様



息子に倣いパパも近々

短歌

さて金か遣り甲斐なのか両方か



自分でやるか さあ何しまひょ

短歌

巻き舌で



  呼び出し音の



      真似をする



ママに爆笑



    幼子の壺

短歌

カーテン



クリーニングに出すよりも



買うのが安い



初代を捨てる

短歌

デザートを抜いてお粥が



一位へと浮上してきた 



好みは変わる

短歌

蝉の声 



ゆとりが無くて



気付かずにいたか それとも



今日が初日か

短歌

激動の一ヶ月 越え



順調の軌道に乗った



風呂もその内

短歌

分煙をしていない店



まだそんな時代遅れの



場所で昼食

短歌

珍しく晴れの七夕



一回も夜空を見ずに



眠るのも良し

短歌

三人でタクシーに乗り



熱風の吹く街 眺め



家路を急ぐ

短歌

ベランダがそっくりそのまま乾燥機



洗濯物も人もからから

短歌

少しずつ



何かがずれて噛み合わず



遅れながらも全て完了

短歌

夜の闇を怖がる者に 



カーテンを開けて教える



朝の到来

短歌

雷と思った音は別のもの



どうやら只の勘違いかな

短歌

訪問の応対をして谷を抜け



チューブは既に外されていた



FC2Ad