FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

その昔 自転車洪水 溢れてた



中国は今 自動車洪水

スポンサーサイト

短歌

連日の独りの時間の少なさに



語学は休み 帰りは晩い

短歌

幼子は匂いもパパを癒すほど



凝縮されたかわゆいの精

短歌

速やかな通り道なら傍にある



昨日の禍 今日 福と為す

短歌

パソコンで作業する我が傍らに



マンゴープリン  妻の気遣い

短歌

子供には大人を救う力あり



どちらが守っているのやらかな

短歌

眠くなる時刻が早く 幼児並み



ふらふらになり 務めを果たす

短歌

渋滞に備え試してみた道は



やや遠回り 時間も掛かる

短歌

急ぐ日に



 やってくれるわ 



       呆れるわ



ゆとりは皆無  



    芸術的に

短歌

十五年振りに通った裏道に



ほんの幽かに残る俤

短歌

簡素化とスリム化をして行くことは



良い傾向で もっと進めて

短歌

必要の無かった機能 「風乾燥」



今後多用を見込む重宝

短歌

物足りないほどすっきりとした職場



三十分は短縮出来る

短歌

壊すだけだった積み木を積み重ね



騒ぐパパなど素知らぬ息子

短歌

夏山に新緑 匂う昼下がり



多くを求め過ぎないように

短歌

トラックの頭上を付いて来る燕



姿は見えず 影だけが地に

短歌

来週は速やかなのか



今日もまたロスタイムあり 



爪を切ろうか

短歌

出発の前に妻から昨日の



詫びの言葉が聞けて助かる

短歌

苦しみはまだまだ続く



何もかも



あほらしくなる 



あほらしくなる

短歌

只でさえ晩くなる日に他者のミス



馬鹿馬鹿しくて馬鹿馬鹿しくて

短歌

新しいレースのカーテン 輝いて



清潔感の増した室内

短歌

二十年以上も前に聴いた曲



アグネスチャンの



ぼあぼあちゅちゅちゅちゅ

短歌

ガラス越しの我が子の顔に



あの冬の氷を覗く少年の我

短歌

別々の山の下から掛けて来た



電話に応じ 遅れる帰宅

短歌

よく晴れた連休明けの昼下がり



青い小鳥が視界をよぎる

短歌

清潔になった日 道で偶然に



兄と出合って立ち話する

短歌

トラックの後ろに貼ってあるシール



後続の人 笑わす為に

短歌

だんだんと走れるようになって来た



幼児と部屋の中で駆けっこ

短歌

家庭では妻が太陽 



健やかな笑顔があれば 



明るい我が家

短歌

最新のロボット「アシモ」と同レベル



ビデオの中で歩く一歳

短歌

適温かどうか確かめ試食する



幼児食から薄味に慣れ

FC2Ad