四季島

ゆきのりのうた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌

お昼寝をしない幼児にお手上げの
パパは何かを失ったよう
スポンサーサイト

短歌

足元のボールをキックする幼児
綺麗なフォーム 天才なのか

短歌

三連休くらいはすぐに過ぎるから
初日の前夜から有意義に

短歌

描かれた予定調和の軌道から
外れた時が生の楽しみ

短歌

幼子に疎まれていたキーボード
今日は演奏され蘇生する

短歌

ママと手を繋いで歩く幼子を
見下ろす景色 神の心境

短歌

親と子が仲睦まじく暮らすこと
他はこだわらず 別のものでも

短歌

子は親の真似をしてまた
親も子の真似をするもの
大好き同士

短歌

金婚を迎える父母の
10分の1に達した
そうあの日から

短歌

赤い布を両手に持って
ひらひらと揺らす三歳 
闘牛士君

短歌

やっと晴れ 
洗濯物の処理も済み
発泡ゴムのテーブルの角 

短歌

一ヶ月以上も実用せずに来た
電話よ 暫し 暫し待たれよ

短歌

偶然に発注数と
自動車のナンバーが合う
それだけの事

短歌

日中に終える予定の制作を
夜まで引っ張るプログラムの不備

短歌

白壁の隣のビルに反射した
日差しが照らす厨房の奥

短歌

午後からは傘寿を祝う赤ワイン
ほろ酔い 眠気 短時間作業

短歌

手袋を見付けられずに帰ったら
現ナマにすることになってた

短歌

赤ワイン 赤い手袋 赤飯で
祝うとしよう 漸く決まる

短歌

爪を切り 
子供の爪も切り終えて
残るは妻の足の爪のみ

短歌

夜明け前 見上げる空に流れ星
仕事の時間がとっても無意義

短歌

体格と季節に合った服や靴
買い揃えたら 冬を歩こう

短歌

スピーカーのカバーを外し
軟らかい半球状の部品を押す子

短歌

十ヶ月掛けて到達した結論
1.5倍の水が適量

短歌

何事も無かったかのよう
淡々と進む引継ぎ
奇妙な程に

短歌

卑俗者に気分を害し
帰宅までに切り替えるのは
かなり困難

短歌

ベランダで遊ぶ三歳 
目の前の手摺りに止まる
アキアカネ見て

短歌

大量の林檎を貰い
年末と年始の休み
ほぼ確定す

短歌

両親の歌声を無事 録り終えて
文化の香り漂う晩秋

短歌

一日で壊れるなんて有り得ない
電子レンジは超必需品

短歌

パパの脚に
冷えたあんよを押し付けて
暖を取ってる早起き天使

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。