四季島

ゆきのりのうた

短歌

もう無いか 諦めかけた道すがら
手の爪を切る時が見付かる
スポンサーサイト

短歌

釦だけ探し出せずに日は過ぎて
思いの外の難しさかと

短歌

三時間睡眠だけじゃ眠たいわ
少し補給し復活の夜

短歌

満載は何年ぶりか
違うのは気分の所為か
嫌ではなくて

短歌

四歳の料理教室
ばらばらの野菜を上手く
元に戻せる

短歌

再利用方式をもう躊躇せず
採用しよう さあ良い契機

短歌

初めての小ぢんまりしたラーメン屋
次回は薄い味も試そう

短歌

香ばしく焼けたピーマン 噛んだ時
中学生の頃まで戻る

短歌

雪が降る前に仕事を終えようと
したのは無駄で長い待ち時間

短歌

自分でも何処に何をどう入れたのか
思い出せない 点検が要る

短歌

トランプで今年を占う各局は
ああだこうだと賑やかなこと

短歌

何年か振りに食した紅生姜
脂に飽きた口に爽やか

短歌

幼子はママとお出掛け支度して
初マフラーが気に入ったよう

短歌

パパおぷで不発に終わる
初めての事態に困る
はてさてどうする

短歌

あの時の父の齢に辿り着き
これから先の処し方を思う

短歌

パソコンで作業するのに
必要な時間は有れど
敢えてしない日

短歌

大抵は動けば温いものなのに
今日の寒波は通用しない

短歌

思い切り後ろに回し
順番を変えて速やか
先週と違い

短歌

にんじんの模型を板の穴に挿し
揺らすと笑う 四歳の午後

短歌

何にでも金を掛けない方法が
必ずやある 手間も変わらず

短歌

狭過ぎる所は少し窮屈も
車体はでかいほうが快適

短歌

二週間遅れで足の爪を切る
次の休みに些かゆとり

短歌

道端の新成人の晴れ姿
眺める我の目に年の波

短歌

問題の原因は金 
解決の方法も金 
単純な事

短歌

何しても遅くなる日は遅くなる
そんな時には眠って明日

短歌

年跨ぎもう七日目の風邪引きは
健康に気を付けさせる為

短歌

また他者と共に作業をして分かる
力を入れたり抜いたりの加減

短歌

ラジオからヒートショックの話題有り
うちは元々そうしています

短歌

またしても南に向かうことになる
さらに北にも走るよ初日

短歌

体調を崩せば時を無駄にする
健康管理 重要な事

短歌

快晴の元日の空
輝ける初陽を浴びて暫く歩く

FC2Ad