四季島

ゆきのりのうた

短歌

年度末故変則もあるのかと
思いきや否 関係は無し
スポンサーサイト

短歌

苺園 どうも都合が噛み合わず
他の良さそうなものを探すか

短歌

冬の間 何処に居たのか
また群れで姿を見せる
雀らの春

短歌

夜九時の再配達に出てみれば
配達人のつらそうな顔

短歌

もう一つ まだ奥の手があるけれど
あんまりやらんほうがいいよね

短歌

大相撲 新横綱の稀勢の里
大怪我の中 優勝 見事

短歌

青空に燕の影はまだ見えず
鶯の声まだ未完成

短歌

どうやって収納したか記憶無し
瞑想したら思い出すかな

短歌

探し物している時に
お目当ての品とは違う
物が見付かる

短歌

二十年前の夜空にやって来た
あの彗星は今頃どこに

短歌

青信号 渡る五人の家族連れ
笑顔にさせているのは春風

短歌

春分の夜明け 山並み 春霞
時間の止まる中で配送

短歌

連休が予想以上に多いので
無理しなくても時間は出来る

短歌

新しい店がオープンした場所は
以前通った抜け道付近

短歌

階段を昇ってすぐに血圧を
測れば高めになるっちゅうねん

短歌

昨日の疲れが少しまだ残る
数字の一致 意味があるのか

短歌

美少女のポスターはやや遠過ぎて
恰もモネの「日傘の女」

短歌

パパが口 大きく開けた瞬間を
見ていた幼児 何度も真似る

短歌

三時間 睡眠補給する筈が
六時間半 やっちまったな

短歌

腹筋を激しく使う遊び方
子は気に入って パパはへとへと

短歌

パパの顎 連打するのはボクシング?
五歳の笑顔 ぎゅっとクリンチ

短歌

なにゆえか
郵便局が気に入って
何度も戻る五歳児を追う

短歌

振り返る五年の内の四年間
今後五年をより良いものに

短歌

さっきまで暴れていたと思ったら
もう眠ってる 流石は幼児

短歌

辛口のビーフカレーを食べながら
妻のメールの確認をする

短歌

建物に迷い込んだ蛾
しっかりと異性と出会う
フェロモンなのか

短歌

誕生日前に早めのプレゼント
磁力を使うお絵描き道具

短歌

おじさんと呼ばれる年齢だとしても
おばさんからは言われたくない

短歌

応援で楽になっても
残業が短くなれば
頂けねえな

短歌

三月と思うからかな
寒風に確かに匂う
早春の影

短歌

透けるほど薄く広がる朝の雲
オレンジ ピンク 赤紫に

FC2Ad