四季島

ゆきのりのうた

短歌

月曜の寝ぼけ眼の朝の街
飛び起きらせた大地の揺すり
スポンサーサイト

短歌

水泳の備品を買って
腕時計 電池交換
あと 非常食

短歌

気まぐれで
来たバスに乗り 小旅行
気分 高まり 弾む少年

短歌

幾つもの機材が補完し合うから
運転席はスペシャルシート

短歌

間違えて 行った所は
後にまた 来るべきことになる
予告編

短歌

パパの髭 痒い所を掻く道具
少年はいつ それに気付いた

短歌

鍵穴に鍵を挿し込む瞬間に
内からロック 掛ける六歳

短歌

大好きなバスが早めにやって来た
児童は走る速度を上げる

短歌

少年は
チャイルドシート卒業の検定合格 
ジュニアへ移行

短歌

行き過ぎて
十四年前 来た道で目印にした
SS通過

短歌

問題はラジオでもなく
データでもなかった 
無駄な電波が原因

短歌

二百円 時間短縮料金か
メロディーロードのサービス料か

短歌

水曜は三週連続雨降りで
湖西道路も三度とも雨

短歌

ドッジボール トランポリンに弾ませて
投げる受け取る 新たな遊び

短歌

遊具より蝶に関心あるようで
白や黄色を追い掛ける君

短歌

少年はサラダチキンが大好きで
パッケージ見ただけで「いひっ。」と

短歌

いいことを思い付いたぞ
眠らせた携帯ラジオ
揺り起こす時

短歌

三台のトラック同士で積み替えて
貰う荷物はビッグサイズで

FC2Ad