四季島

ゆきのりのうた

短歌

あまりにも暑すぎる時
蝉さえも鳴くのをやめる
それでも人は
スポンサーサイト

短歌

一日に十一回も繰り返す
作業は高い気温で過酷

短歌

見たこともないし
当然積むこともなかった荷物 
すんなり運ぶ

短歌

楽しみにしていたライブから帰る
妻を迎えに行く二十二時

短歌

エンプティーランプが点いても
十分に辿り着けると確信がある

短歌

昼食を摂るには早く
仮眠して時間調節 
気分すっきり

短歌

先週の波乱含みの変調を
引き摺ったまま週が始まる

短歌

図書館が北部リージョンセンターに
紙芝居は「蝶」 本は「ブレーメン」

短歌

何一つ届けず帰る雨の中
通行止めに追い詰められる

短歌

十二年ぶりに通過の街並みの
違いは何も用が無いこと

短歌

朗読のラジオ放送 
気味の悪い内容
明日の続きは如何に

短歌

ふと気付く 
光明池と琵琶湖って相似関係 
橋の位置まで

短歌

目くじらを立てるほどではないのかな
寛容さこそ肝要なのか

短歌

仕事用靴下を履くパパを見て
仕事に行くと分かり怒る子

短歌

少年期 
 まだ始まったばっかりの
生にわくわく
  そわそわしていた

FC2Ad