FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

ささやかなシンクロニシティーくらいでは
もう驚かず 色めきもせず
スポンサーサイト

短歌

イヤマフとネックウォーマー装着し
散歩している六歳の冬

短歌

べったんのような遊びで
夕刻を過ごす親子の時間 ほのぼの

短歌

生え変わる一番乗りは
左下Bの歯の位置
進む成長

短歌

二人して 七年前とは
反対の届を 同じ窓口に出す

短歌

こんなもの 試練というには及ばない
何しろ鍛えられてるもんで

短歌

小刻みなリズムを叩く手拍子は
六歳男児を笑顔にさせる

短歌

両親に話してこれで
関係者全てが承知
あとは前進

短歌

少年のシャンプーハット使い初め
ほんとだお湯が流れて来ない

短歌

大幅に早めたからは
初めての境地へ準備せずに踏み込む

短歌

連日の仕事だけでも
限界の状況でなお
家庭も過酷

短歌

二日目は独り立ちして初日やで
いきなりきつい内容でんな

短歌

このくらいならば恐らくやれそうな
手応えを得る 初日の帰り

短歌

演劇でぽんたの役の少年は
太鼓をうまく両手で叩く

短歌

新しい仕事の初日 確定し
呼応して今日 消える案件

FC2Ad