FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

紅白もカウントダウンも無い我が家
早く眠って起きたら新年
スポンサーサイト



短歌

今月の波状攻撃 
最後まで気が抜けないな 
早く休もう

短歌

パパはどこも悪くないのに
食欲が湧かない 君が食べられない日

短歌

少年が確かに持って行った筈
内釜 元の場所に佇む

短歌

真に受けて行く必要は無いと見た
パパの判断 今日はのんびり

短歌

必要を感じて父に取り急ぎ
説明をする機器の操作法

短歌

クリスマスパーティーに行く少年の
どれすこーどは赤緑金

短歌

二学期も病欠は無く最終日
三か月半 色々有った

短歌

クリスマスソングを聞かずに済んだのは
車の運転していないから

短歌

数週間振りのボールで遊ぶ日に
雨天中止で 子はもうふて寝

短歌

それにしても潔過ぎる死に際に
心の中で母に突っ込む

短歌

晩になり子供を連れて病院へ
帰りは親子で夜道を駆けっこ

短歌

今日からは色々始末する手配
業者 近隣 お礼 報告

短歌

絞り出す母の言葉を聴き取れず
「ありがとう。」って今日 聞こえたよ

短歌

弔いの責任を負い
気丈夫に点火ボタンを押す
声が出る

短歌

安らかに息を引き取り
穏やかな表情の母
感謝を述べる

短歌

急変の事態に
つらい決断の夜
苦しみの緩和を択ぶ

短歌

一夜明け ひと安心の容態に
なんとかなると思ってもいい

短歌

覚悟して臨んでみれば寧ろ今
希望が見える 家に帰ろう

短歌

天使とも仲良くしたいし
小悪魔も捨てがたいよな
欲張りか俺

短歌

風邪なのか花粉症かが紛らわしい
自己診断に由れば後者か

短歌

妹が反対の意を表明し
まだ話し合う必要がある

短歌

加熱した鮪が旨い
生食を好む我が口
唸らせるほど

短歌

第七の孫の幼さ あどけなさ
おばあちゃんへの元気 お届け

短歌

既視感がよぎる夜中の箪笥前
子供の寝顔 寝息の傍で

短歌

色褪せたビデオと飽きた音楽を
組み合わせれば鮮度が戻る

短歌

高齢の父も流石に男泣き
情は幸せそして苦しみ

短歌

晩までは別行動の筈だった
父子はゆっくり一緒に過ごす

短歌

新しいテーブルが来て
古いのを片付けて待つ
我が子の帰り

短歌

担当が女医に代わって
説明を改めて聞く 月曜の午後

短歌

親ならば「元気がなくておとなしい」
よりもやっぱり腕白がいい