四季島

ゆきのりのうた

短歌

物心付いた時から昨日まで



共に過ごした箪笥無き今日

スポンサーサイト

コメント

No title

ぽっかりと 心の中に 開いた場所
   何で埋めよか 思い出ばかり 
                  (おはぎ)

  • 2010/11/26(金) 20:54:28 |
  • URL |
  • ohagi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rinokiyu.blog74.fc2.com/tb.php/1431-2f54cc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad