四季島

ゆきのりのうた

短歌

    冥王星



記憶の中でいつまでも



惑星として光り続ける

スポンサーサイト

コメント

No title

水金地火木土天海冥王と
 お経のように唱えていた

  • 2008/12/20(土) 22:46:23 |
  • URL |
  • ohagi #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rinokiyu.blog74.fc2.com/tb.php/2136-5d4b0b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad