FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

少年が確かに持って行った筈
内釜 元の場所に佇む
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する