四季島

ゆきのりのうた

短歌

閉まりかけたドアを再び引き開けて
手を振る笑顔 パパをよがらす

短歌

空白を
 埋められそうな
見通しの
  穏やかな今日 
      雨上がり 晴れ

短歌

明日でもいい用事なら
何も今日
雨の中 行くことはないから

短歌

採用も決まり 初日も確定し
さあ徐に動き出そうか

短歌

鍵盤を指で押さえて幼子は
音を鳴らしたまんま入眠

短歌

音楽のボリュームをすぐ
最大にしては頭を振る
ヘビメタ君

短歌

幼子がくるまる布団に潜り込む
パパが来たので はしゃぐはしゃぐ

短歌

眠るには早過ぎるから
色々とやっている内
夜更かしになる

短歌

手続きの必要書類 整って
漸く目処が立って一息

短歌

うるさいというのは五月の蝿の事
近頃 インスタバエも喧しい

短歌

「事務員」と打ち間違えた「乗務員」
いやいやほんとに内勤かもよ

短歌

家にあるおもちゃに飽きた五歳児に
意外と受けた紙切れ遊び

短歌

二年間 滞っていた
お祝いの旅行の企画
推し進めよう

短歌

三歳の冬に仕舞ったフォークギター
また掻き鳴らす 五歳 新春

短歌

担当の先生にもうすっかりと
懐く園児を笑顔が囲む

短歌

五歳児は
園の初日に怪我をして
眠る夕刻 静かに過ぎる

短歌

歌唱力 競うコンテストの歌は
心に響くものにはならぬ

短歌

見ていたい 見られていたい
思惑が合致するので
舞踊は不滅

短歌

窓を開け 三人で見る初日の出
今年は愈々 日が昇るのか

短歌

五歳児はまだ遊びたい
散歩して ブランコ 乗って
犬 追いかけて

短歌

可愛いと思う気持ちを口にせず
秘めておくのも日々の奥行き

短歌

ママからのおもちゃに幼児 慎重派
手本を何度も見てから遊ぶ

短歌

少年期 アニメ・特撮番組を
見た本数は相当なもの

短歌

優れない気分は精神的なもの
自己暗示 掛け 解決できる

短歌

条件は悪くないけど
今一のところは消えて
本命浮上

短歌

我が家にはエンジェル級の
アイドルのキューティーボーイが
いるんだからね

短歌

ケーキ ピザ フライドチキン
食卓にこれだけ並べば
クリスマスっぽい?

短歌

トランポリン遊びは息がまだ切れる
今日のところは鍵盤で行こう

短歌

毎日のように走って来たルート
実技テストも重なるコース

短歌

無理はせず早めに切り上げ
着々と新たな年の準備に掛かる

FC2Ad