FC2ブログ

四季島

ゆきのりのうた

短歌

少年はファミリーカラーがよく似合う
さあ明日からも決めて登校

短歌

新しい靴を選びに出かけよう
傷みの酷い靴を履く朝

短歌

飲み物もガムも眠気を飛ばせずに
チョコを取り出す 効果覿面

短歌

夕刻に眠りに落ちた少年は
目覚めすっきり 超上機嫌

短歌

米店の幟を抜いて
コシヒカリ宣伝隊長
パパは隊員

短歌

コンビニのおでんは消えて
提灯も片付けられて 訝る男児

短歌

新しい家電に気分 高まって
男児は殊に良い表情に

短歌

精密に組んだ訳ではないけれど
ぎりぎりちゃんと間に合う絶妙

短歌

「あら、今日は鳩がいない。」と言うや否や
鳩が集まる「呼んだ?」の顔で

短歌

下車したら 
図書館に寄る行程がひとつ加わり 
長くなる帰路

短歌

時間的都合がいいと額が駄目
三月始動でちょうど良さそう

短歌

乳幼児以来か 女児に間違われ
先月そして今月もまた

短歌

子がドアにボールを当てたきっかけで
急展開の懸案事項

短歌

走り去る後ろ姿が
物陰に隠れ 戻って来た手にボール

短歌

学校で子が拵えた鬼の面
球を投げ当て 節分とする

短歌

白梅の香り清かに風 二月
水鳥の脚 見え透く水面

短歌

青空にカラスの黒がよく映えて
日差しに春の匂い 漂う

短歌

時間にして僅か五分の余裕こそ
心にゆとり 生み出す秘訣

短歌

出ているのは
増設用の水道と断定 
更に時短が可能

短歌

態勢を整えるのに一ヶ月
愈々乗った軌道を進む

短歌

靴箆を使って靴を履く男児
パパの動きを捉える瞳

短歌

学校がある日曜は妙なもの
何かにつけて一瞬迷う

短歌

帰宅して全豪テニス中継を
見ながらパンを親子で食す

短歌

走ったら気持ちいいのは三十路まで
五十 越えたら ちょっときついか

短歌

道のりの長さを先に知ったなら
歩き出してはいなかったかも

短歌

身長も体重も今日
大台に達した天使 
暴れて眠る

短歌

パパが来た事に気付いて浮かれても
授業はちゃんと出来た少年

短歌

ヨーヨーの糸を机の脚に巻く
遊びを生む子 斬新過ぎる

短歌

十五夜の月が東に浮かぶ頃
親子で帰宅 暖かい部屋

短歌

子が触れたことで開いた扉には
縁があるのか事態が動く

FC2Ad