四季島

ゆきのりのうた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌

子が眠る前にお風呂を始めよう
そう言いながらパパが撃沈

短歌

ベランダで遊ぶ五歳の天使君
仕事帰りの車から見え

短歌

ケータイを気にしながらの作業中
妻の呑気なメールに安堵

短歌

これはもう
時間外でも走るべき
事態となって 
不眠で出社

短歌

通常の前半だけで終了で
昨日残した分を処理処理

短歌

五十前 振り返り見る十代の
山場は人生序盤の小山

短歌

山並みは雨に煙って梅雨模様
午後は一転 暑い晴天

短歌

六、七年前に一回食事した
場は閉鎖から明るく再生

短歌

お膳立てされた通りにやってみる
案外うまく行くことがある

短歌

気立てのいい女は男にとり天使
はたまた仏 胸すく思い

短歌

満月は西に傾き
東には昇る金星
六月上旬

短歌

ラジオが言う 
高速道路で事故があり
豚が逃走
笑っちゃいか…くっ

短歌

親となり 我が子を想う父性から
他所の子さえも 前より可愛い

短歌

きっついなと思ったところ 助け舟
待てよ そもそも これが普通か

短歌

長電話している内に
あっさりと退勤しよう 
さあ飯にしよ

短歌

小口店 二つ抜けたらやり易い
本来こうでなくちゃならない

短歌

またしても順序を変えて凌ぐしか
方法が無い 晩い出発

短歌

許可を得たというより店長自らが
やりましたよね 文句無いよね

短歌

後半のほうが長いし不慣れやし
一件抜いてくれても晩い

短歌

苦しんだ時期の終わりを告げるのか
幼児は連日 大放出で

短歌

まだ寝てるパパを起こしに来た幼児
パパが起きたら立ち去った 
あれ?

短歌

五歳児にとってソファーのようなもの
パパのおなかにどっかり座る

短歌

雨の日もあまり濡れないようにする
手立てはどんな所にもある

短歌

三箇所で集めた品を
一箇所で卸して終わる
土曜日の午後

短歌

停車して再生完了する迄に
手の爪を切る時間が出来る

短歌

明日食べる為に用意をして置いた
お握りを食う長い一日

短歌

新しい団扇で顔を扇がれて
心地良いのか 五歳の微笑

短歌

明星も低いところにある時は
火星のように赤みを帯びて

短歌

珍しくマスクを外したあの人は
なんか思っていたのと違う

短歌

五年前の今日観測をした金環
朝のラジオが告げる臨海

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。