四季島

ゆきのりのうた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌

まだ寝てるパパを起こしに来た幼児
パパが起きたら立ち去った 
あれ?

短歌

五歳児にとってソファーのようなもの
パパのおなかにどっかり座る

短歌

雨の日もあまり濡れないようにする
手立てはどんな所にもある

短歌

三箇所で集めた品を
一箇所で卸して終わる
土曜日の午後

短歌

停車して再生完了する迄に
手の爪を切る時間が出来る

短歌

明日食べる為に用意をして置いた
お握りを食う長い一日

短歌

新しい団扇で顔を扇がれて
心地良いのか 五歳の微笑

短歌

明星も低いところにある時は
火星のように赤みを帯びて

短歌

珍しくマスクを外したあの人は
なんか思っていたのと違う

短歌

五年前の今日観測をした金環
朝のラジオが告げる臨海

短歌

餌を食べ砂浴びをする雀らは
温泉旅館のように優雅で

短歌

妻もまた
人間研究しているというのが可愛い
怒られるかな

短歌

重大な事を伝えるためになら
少々仕事の手を止めてでも

短歌

先行の車に留まり損ね 落ち
拾われたのは幼い雀

短歌

冬の間 只青かった山並みに
混じる新緑 エメラルドグリーン

短歌

十年も
  続けることになるなんて
 思いも寄らず
    始めたあの日

短歌

「母の日」は幼児にとって「ママの日」で
パパが代わりに買うプレゼント

短歌

五年前 輝く季節 始まって
必死に過ぎて 今 深呼吸

短歌

アスファルト道路に並ぶ鉄の蓋
朝日を浴びて鏡のように

短歌

実際は
「眼鏡外すと美人」より
眼鏡美人のほうが多いぞ

短歌

ひと月も前に準備をしたカーテン
交換するぞ 今日こそチャンス

短歌

消防車 救急車 のち爆発音
未明の町は只ならぬ事態

短歌

よく笑う女が明るくする店内
空気は音で様子が変わる

短歌

何をしに生まれて来たか
はっきりと自覚しながら
違う境遇

短歌

一日中 変わったこと尽くしの今日は
敢えて違った場所で昼食

短歌

脚を出す季節になった女性陣
自信あるから?ただ暑いから?

短歌

二軒目で必ず痛む 
ストレスは
知らずに強く受けているのか

短歌

追いかけて来るのを待って逃げて行く
「パパのスリッパ、返ちて返ちて~。」

短歌

早朝に始まる仕事
帰宅した時に日付が変わってるって

短歌

何事も 「無くて元々」なのかもね
そう思えたら健やかなもの

短歌

日曜は雲雀も休み朝寝坊
いつもの空に囀りは無く

短歌

路上にはこの春 初の蟻が這う
踏まないように車を降りる

短歌

下調べしてまで流れを組み上げて
予定調和を目指したあの日

短歌

二週間続いた痛み
今日はもう 
少し違和感残る程度に

短歌

一つだけ買い忘れたし戻ろうか
序でにパンフ 貰っとこうか

短歌

半年に一度赴く場所でまた
走り回る子 元気で何より

短歌

目印にしていた料金所が消えて
うっかり通り過ぎそうになる

短歌

朝食をパンで続けた六ヶ月
御握りに替え今日で三日目

短歌

爽やかな風は緑に染められて
春は夜の夢 初夏へ移ろい

短歌

遅咲きの桜はいまだ散り切らず
早めに開くツツジと被る

短歌

気張るのは
気を張ることで
もうやめよう
楽~に行こう
楽~に楽~に

短歌

花は萎え 色の衰退した桜
嘗ての美女の年老いた様

短歌

横たわる雲に伸ばされ
太陽はまたもや光る瓢箪のよう

短歌

事態には
初め危機かと思わせて
後で救いと分からせるのも

短歌

体調が良ければ なんてことのない
仕事内容 今日は疲れた

短歌

しゃがむ時 感じる痛みから分かる
こんなに力 入れていたのか

短歌

ごろんごろん 
転がるパパの下敷きになって喜ぶ 
五歳 柔らか

短歌

まだ若い医師の説明 受けた後
事務手続きについて相談

短歌

ガミガミと言う日常は
もうやめる時期ではないか 
さっそく今から

短歌

こうやって絶叫マシーンは楽しもう
腹に乗る子は 両手を挙げて

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。